上限金利

違法業者の減少傾向

貸金業規制法改正により現在の上限金利は、借入額が10万円以内であれば20%、借入額が10万円〜100万円の範囲なら18.0%、借入額が100万円以上なら15.0%と決められています。もしもその上限金利より高い利息を取っているような業者がいれば、違法業者ということになります。かつてはこういった違法業者が堂々と営業をしていましたが、法改正による罰則の厳格化により、違法業者の数は年々減少の一途をたどっています。

違法業者

多重債務者の増加阻止を目的とした法改正により、貸金業者の融資対処にも大きく影響が出ました。こういった違法業者が減少することは喜ばしいことですが、甘い審査で借りたい人にとってみれば死活問題となってしまったことは否めませんが、遅かれ早かれ支払い不能に陥ってしまっていたことは間違いありません。

違法業者の実態

上述したように、上限金利を超えるような利息を取っている業者はいわゆる「闇金融」と呼称される違法業者の類です。こういった業者は基本的に貸金業登録をしていない無登録業者なので、存在していること自体が違法に該当します。したがって、金利や取り立て行為などの法律を厳守するはずもなく、どこからも借り入れが出来ない多重債務者の弱みにつけこんで、法外な利息を貪っているのが現実です。

どうしてもお金を借りなければならない事情のある方は、可能な限り低い利息を提示している消費者金融を選びましょう。大手では10%以内、中堅では15.0%前後、零細業者では18.0%と考えていれば間違いありません。

毎月の支払い方法

消費者金融でお金を借りれば、契約に基づいた支払い方法によって毎月の支払いを履行しなければなりません。しかも、借入が1社程度ならまだしも、複数の支払先があれば、毎月支払いに大変な労力を割かねばなりません。

支払い方法については各金融会社によって相違しますが、全国対応の銀行系カードローンなどは全国の銀行やコンビニのATMで対応できることから、大変便利なのとは対照に、零細業者は銀行振り込みならまだましで、毎月店舗窓口に出向いて支払わねばならない店舗もありますので、かなりの手間になることは間違いありません。

以上のことを判断して、借入の前には後々のことを考えて可能な限り支払い方法が楽な業者を選択すべきです。