審査

借入審査の実態

貸金業者からお金を借りる際には一番借入条件の良い業者を選択することは重要なことです。その際の借入条件とは、「金利」「審査」「支払い方法」といった項目で、各業者によって条件が異なりますので一番自分が良いと判断した業者を選択すべきです。

しかし、それは選ぶ側の思惑であって、お金を貸す側にも選ぶ権利があります。つまり誰にでもお金を貸すというわけではありません。業者内で定義された審査基準に適応すれば審査に通しますし、逆に審査基準に適応しない申し込み者であれば審査で却下されてしまいます。

また、トップページにも記したように、借入件数や借入総額が増えれば増えるほど、審査に通る確率は減少していきます。それは毎月金融業者への支払いが増えるほど、支払い能力が低くなっていくのが現実なので、どの金融業者でも現在の借入状況には敏感になっています。

審査で一番チェックされるポイント

消費者金融の新規融資の際、一番チェックされるポイントは、現在の借り入れ状況(借入件数、借入総額)です。上述したように、借入の多い人ほど支払い能力が低くなっており、支払い不能に陥ってしまう可能性が高いのがその理由です。いわゆる自己破産予備軍扱いです。また、貸金業法改正による総量規制の影響で、年収の3分の1以上の融資が不可となったことで、それに該当する人への融資も当然却下されてしまいます。

また、借入状況以外にも、現在の年収や勤務先の勤続年数も重要なポイントとなります。年収は多ければ多いほど支払い能力も高いと判断されますし、勤続年数が多いほど信用も高くなります。逆に年収が低いと支払い能力が低いとみなされますし、勤続年数が1年未満だと信用力も低くなってしまいます。

これらの項目は、申し込みの際に必ず記述しますので、慎重に記述しなければなりません。年収については必ず「手取り額」ではなく、「税引き前の総額」を記述しましょう。少しでも多いほうが印象がよくなります。ただ、虚偽の内容を記述することはご法度で、もしもバレれば信用低下は回避できません。最悪の場合は審査却下されてしまいますので、十分な注意が必要です。

全国支店

多重債務者の扱い

多重債務者とは複数の金融業者から借り入れをしている人のことで、一般的に4件以上の借り入れをしている状態を指します。こういった多重債務者の多くが毎月の支払いに苦慮し、今現在の収入では借金返済が足りない状況に陥っており、そのために他社からの新規融資によって凌いでいます。こういった行為を自転車操業とよびますが、破産になるのは時間の問題で金融業者にとってみればババ抜きのババといっても過言ではありません。

このような多重債務者はかつて全国には無数に存在しましたが、法改正によって過剰融資が厳格化されたことで、その数は少なくなりました。実際、破産者の数や貸金業者の数も統計では年々減少していることが公表されています。