東京消費者金融

大阪で借りれる消費者金融会社情報

東京大阪の首都圏には無数の貸金業者が点在していますが、その中でも全国対応でしかも低金利や柔軟審査といったメリットの高い消費者金融をピックアップしております。

貴方は何を基準にして借入先を選びますか?今すぐお金が必要な方は「即日融資」、少しでも低い利息で借りたい人は「低金利」、審査に落ちるのが嫌で確実に借りたい人は「柔軟審査」といった比較項目になると思います。また、地域限定で借りるのでしたら東京、大阪、札幌、名古屋といった地域名称になりますが、web申し込みならほとんどの業者が全国対応しています。

金利で比較

大手消費者金融の金利水準

上図に示しているように、現在利息制限法で規制されている上限比率は、借入額が10万円未満なら20%、10万円〜100万円なら18%、100万円以上なら15%となっています。消費者金融の場合は通常10万円〜100万円に該当しますので、上限金利は18%と覚えておいたほうがいいでしょう。もしもそれ以上の金利を要求されれば、その業者は違法となりますので支払う義務は一切ありません。

利息制限法で規制される上限金利は18.0%ですが、下限金利は規定されておりません。極端に言えば0%でもいいわけですが、それでは慈善事業になってしまいますので、可能な限り低い金利で貸してくれる業者を選びたいものです。低金利での融資を考えるなら、大手銀行系のカードローンが最強になるでしょう。それ以上の低金利で貸し出している貸金業者は皆無です。

審査の基準で比較

現在貸金業者からの借入が少なく支払い能力が十分あると認められる人は、審査に通るか否かの心配は一切無用でしょう。しかし、他社からの借入が複数あるような方は、新規融資に際して金融業者から警戒をされますので、そう易々とは審査には通してくれません。それは借入件数が多ければ多いほど、警戒される度合いも深くなっていきます

そうなってくると、借入が増えてくるにしたがって、借入をする業者の質も徐々に審査基準の甘い業者へと移ってくるということになります。実際、各消費者金融業者の審査基準はすべて相違しますので、厳しいところもあれば、柔軟対応の業者もあります。それを見極めることで審査に通る確率も自ずとあがってくるというわけです。

審査比較

上記の図で示しているように、審査基準と会社の規模はほぼ比例しています。つまり、会社規模の大きい大手消費者金融の審査基準は一番厳しくて、中堅規模の消費者金融では大手より柔軟になり、更に規模の小さな零細業者になると一番審査基準が緩くなってきます。

この理由は、融資をする対象が大手は借入件数の少ない健常者であるのに対して、中堅業者は大手で借りれなかった人を主な対象としていることから、必然的に大手より審査は緩くなってきます。零細業者についても、融資をする対象は中堅で借りれなかった人なので、当然中堅よりは審査が緩くなってきます。以上の融資対象の原理を把握しておけば、自分がどの業者を選べばよいかは理解できると思います。

返済計画の重要性

キャッシングの前には緻密な返済計画の立案をしておくことが重要です。計画もなしに借り入れをして、どんぶり勘定的な返済を繰り返していてはいつまで経っても借金地獄から抜け出すことは出来ません。

面倒であっても毎月の収入と返済額を掛け合わせた返済シミュレーションを作成しておきましょう。大手カードローン会社のサイト内で、無料で返済シミュレーションが作成できますので、上手に活用することで毎月の支払い額と金利計算が算出されてきます。

不動産を担保とした借り入れ

もしも家や土地などの不動産を保有していれば、それを担保としてお金を借りることが出来ます。といっても収入がない無職の方では無理ですが、不動産を担保とすることで、通常の借入審査よりは遥かに甘く借りることが可能です。

不動産を担保にして借入をすることを一般的に不動産担保ローンと呼称します。このローンの特徴は保有する不動産を融資の担保とすることで、審査が甘く、尚且つ通常のフリーローンよりも低金利で借り入れすることが可能です。ただ、もしも支払いが出来なくなれば、この担保として差し出している不動産を差し押さえられることになります。


金融会社一覧

境界区切りライン

審査基準の違いとは

審査に通りやすい消費者金融と、通らないキャッシングローンとの相違は、審査基準の設定に要因を見出すことが出来ます。 大手や準大手のサラ金業者は一様に審査が厳しく設定されており、借入件数が三件以上の顧客は審査に通らない理由の一つになっています。

また、収入の少ない人や、まったく定収の無い無職や専業主婦なども同様、審査基準で落とされてしまいます。つまり、どうしても審査に通るためには、審査基準の甘い金融会社で審査を受ければ良いのです。審査が甘くなればなるほど、利息が高くなる傾向にありますが、多重債務者向けの融資は金利が高くなるのが常です。

但し、上限金利である18.0%以上の利息をとられるようなら、それは闇金融業者なので絶対借りてはいけません。最初の契約の段階で、契約書をよく読んだ上で利息を確認することが先決です。闇金融以外で、一番審査に通りやすくて借りやすい消費者金融を探す方法は、口コミで評価 の高いランキングNo1のローン会社を選択すれば、問題ないと思います。

東京23区

東京23区(世田谷区、練馬区、大田区、足立区、江戸川区、杉並区、板橋区、江東区、葛飾区、品川区、北区、新宿区、中野区、豊島区、目黒区、墨田区、文京区、渋谷区、港区、荒川区、台東区、中央区、千代田区、)には沢山の消費者金融会社が点在しています。

この中から「信用力」「低金利」「柔軟審査」といった項目を兼ね備えている業者は少数です。中には法律に違反する違法業者も地下深く潜行している可能性もあります。重要なことは、貸金業登録をしている業者で、尚且つ最低でも操業5年以上の業者を選びたいものです。

大阪24区

大阪24区(西淀川区、淀川区、東淀川区、此花区、福島区、北区、都島区、旭区、港区、西区、中央区、城東区、鶴見区、大正区、浪速区、天王寺区、東成区、西成区、阿倍野区、生野区、住之江区、住吉区、東住吉区、平野区)には沢山の消費者金融が点在しています。

大阪の人口密度は東京都に次いで日本第2位をほこり、大阪城、通天閣など観光名所も多く、消費者金融の数も日本有数です。審査の甘い消費者金融やキャッシング会社は難波と梅田地区に集中し、その数は正確には掌握されていませんが日本一との噂もあるほど。

特に大阪にはミナミの帝王で有名な高利貸しのヤミ業者が無数に存在していましたが、規制が強化されたことでそういった違法業者の多くは廃業に追い込まれてしまいました。